おはようございます。

2月15日 
誕生日
1923年藤本泉[ふじもと・せん] (小説家『時をきざむ潮』)
[1989年以降消息不明]

ウィキペディアで調べてみた。
1989年2月、旅行先のフランスから子息に手紙を出したのを最後に消息を絶つ。

知らない作家さんだが、本人がミステリーの主人公!?
この方の読める本があるかどうか、あとで調べる。

-4.9℃ くもり 最高気温-1℃最低気温-9℃予報
昨晩、雪が6cm降って28cmに 軽く雪かきでいいかな

幌加内 昨晩午後10時現在 311㌢
北海道最大の積雪記録は1970年の312㌢だと 

蕎麦の産地で有名な所だけど、生活大変だ。

・北朝鮮五輪滞在費 韓国が肩代わり
2億8500万円


これで核放棄でもしてくれなきゃ
盗人に追い銭だろう。


今のNY

NYダウ 24,847.62 +207.17

シカゴ日経先物 21,400


きょうこそ大丈夫? もう逝くのは嫌だ(笑)


平昌五輪 メダルラッシュ
欲しいのは金だ 小平500 高木らの団体追い抜き待ちか


【株主優待】 3160 大光 クオカード +500



権利確定 5・11月

100株主は500円クオカードだが
アミカ店舗に持ち込むと1,000円商品券になる優れもの。

北海道に戻ってきた上娘が中部に居た頃は
送ってやると、アミカで交換、物購入してた。

これからはもう2倍にする楽しみはなくなった。


ワンダー・グー購入本 神の子(上)(下) 薬丸岳 各950円(税込)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
少年院入所時の知能検査でIQ161以上を記録した町田博史。戸籍すら持たぬ数奇な境遇の中、他人を顧みず、己の頭脳だけを頼りに生きてきた。そして、収容された少年たちと決行した脱走事件の結末は、予想だにしなかった日々を彼にもたらすこととなるー。一方、闇社会に潜み、自らの手を汚さずに犯罪を重ねる男・室井は、不穏な思惑の下、町田を執拗に追い求めていた。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
身許引受人の町工場で働きながら、大学に通いはじめた町田。知り合った学生たちの起業を手伝うことにもなり、他人と過ごす時間が彼の心を少しずつ解きほぐしていく。だが、忌まわしい過去は、彼を易々と手離しはしなかった。ふたたび町田に接近する室井の真意とは…!?吉川英治文学新人賞作家が描く、エンタテインメントの醍醐味を存分に詰め込んだ圧倒的傑作!

病院持ち込み本 2冊合わせて1,100P
時間はたっぷりあったので、これも苦もなく。

ページめくりたくなるエンタメ小説は入院中はピッタリ★★★★
現実味に欠けるところもあるが、人物の絡み合いがなかなかだ。

この著者の『Aではない君と』は既読。
『友罪』が本棚で横になって、読まれるのを待っている(笑)



にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2018.02.15 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuji27.blog36.fc2.com/tb.php/7439-d1c43edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)