おはようございます。

5月21日 
1973年歌手・山口百恵が『としごろ』でデビュー

芸能界に戻らない強い意思は尊敬に値する。
現役時代は森昌子派だったが、今は山口百恵派(笑)

10.8℃ 晴れのちくもり 最高気温13℃最低気温8℃予報
あまり気温上がらないようだ。 

昨日の20℃超えに味を占めたのに・・・


【競輪】函館記念最終日【公開買い目】

決勝 12R 浅井 3=8 3-45 新田 5-18
5R 吉田 5=1 5-24

決勝は脇本が番手発進できそうなんだけど
恵まれ過ぎて、かえって上手くいかないような気が。


オークスは悩ましい
穴馬を探すが、ソウルスターリングの2.7倍が魅力いっぱい。

桜花賞までは絶対王者と言われていた。
桜花賞の倍のオッズ 3着は道悪だったと考えれば。

取り合えず、単勝2千円。  
あとは夢の豆券で。



朝刊日曜書評では早急に読みたい本は見つからず。
昨日、文庫4冊【ポチッ】しておいたので、来週は問題無し。



用事が出来て、夕方から出掛けることに。
車で行くので、帰宅してからの晩酌。



【ポチッ】 boox 代償 (角川文庫) 伊岡瞬 864円(税込)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平凡な家庭で育った小学生の圭輔は、ある不幸な事故をきっかけに、遠縁で同学年の達也と暮らすことに。運命は一転、過酷な思春期を送った圭輔は、長じて弁護士となるが、逮捕された達也から依頼が舞い込む。「私は無実の罪で逮捕されました。どうか、お願いです。私の弁護をしていただけないでしょうか」。裁判を弄ぶ達也、巧妙に仕組まれた罠。追いつめられた圭輔は、この悪に対峙できるのか?衝撃と断罪のサスペンスミステリ。

道産子作家の北大路公子さんコラムで紹介されていた。
数奇な運命に翻弄される主人公にハラハラドキドキ。

先へ先へと読みたくてたまらなくなった。
このミステリーにハマった★★★★



にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2017.05.21 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuji27.blog36.fc2.com/tb.php/6756-9c8e07c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)