おはようございます。

3月19日 ミュージックの日

アン・ルイスの息子の名まえが美勇士だった。
朝からつまらんこと思い出した。

1.3℃ 曇りのち晴れ 最高気温8℃最低気温-2℃予報
最高気温更新かな?

朝刊読者の投稿欄より 
愛犬がカツ丼食べてしまった。
犬には毒となるタマネギの入った物を! 


犬を飼ったことがないので知らなかった。
タマネギが!? 人間に生まれてよかった(笑)


【競輪】ウィナーズカップ3日目【公開買い目】
準決勝3個レース

12R 平原 2=3 2-59
11R 深谷 2=7 2-58
10R 新田 1-2567

久しぶりに強い深谷が戻ってきた?


スプリングステークス ウインブライト

・稀勢の里、ただの強い横綱になってしまう
これまでの空気を読まぬ負けっぷりはみられないんやろか


ガッカリしてる人いるんだね(笑)


センバツ出場校一覧が出てたが、不来方にだけふりがな。
選手10人だし、判官びいきはやはりこの学校だろう。



【ポチッ】 楽天ブックス 野村證券第2事業法人部 横尾 宣政 1,944円(税込)



【内容情報】(出版社より)
トヨタを上回る約5000億円もの経常利益を叩きだし、日本一儲けた会社だった野村證券。その黄金の日々を克明に描く。
厳しいノルマで次々と社員が辞めていくなか、飛び込み営業で新人トップの成績を上げ、「コミッション(手数料収入)亡者」とまで呼ばれるようになった著者。後に社長になる「小タブチ」こと田淵義久氏に抜擢され、第二事業法人部へ。待っていたのは個性派でアクの強い先輩たち。彼らとぶつかり合いながら、順調に出世していった著者は、役員の登竜門でもある新宿野村ビル支店長を最後に退社、独立する。ところが、第二事業法人部時代に付き合いのあったオリンパスと仕事をするうち、巨額粉飾決算事件に巻き込まれ、刑事被告人に。「飛ばしの指南役」などと名指しされた著者が、激しくも懐かしい野村時代と人生を暗転させた事件のすべてを実名で書いた。

昔の株屋のえげつない商売が良くわかる★3つ半
しかし、金はあるところにはあるもんだ。

オリンパスの粉飾に関しては、これ読んでも灰色のまま。
持てる金融知識をフル活動してマネロンしてるから。

金の亡者たちがいっぱい出てくる。
優待族なんて可愛いものよ(笑)



私も株の儲けをギャンブルでマネーロンダリング!?
ロンダ、こまっちゃう(笑)



にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2017.03.19 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuji27.blog36.fc2.com/tb.php/6612-4ef09f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)