おはようございます。

1月21日 ライバルが手を結ぶ日


1866(慶応2)年のこの日、長州の木戸孝允、薩摩の西郷隆盛らが土佐の坂本竜馬らの仲介で京都で会見し、倒幕の為に薩長同盟(薩長連合)を結んだ。

誰が何の目的でこんな記念日を作ったのか不明。
長州力と長州小力が仲良くする日?

-6.5℃ 晴れ時々くもり 最高気温-2℃最低気温-12℃予報
明日の天気予報 暴風雪 初めて見たこんなの

朝刊トップ トランプ大統領就任へ

この人を見るたびに
「嫌われ松子の一生」という映画のタイトルを思い出す。

就任辞任に変わることはあるか?


【競輪】松山記念3日目【公開買い目】
準決勝3個レース

12R 原田 1=7 1-35
11R 浅井 9=1 9-38
10R 松浦 3=5 3-19

りゅうちぇる似の松浦選手応援



・稀勢の里、21日にも初V

いよいよだ、流れは完全に稀勢
安倍首相も昨晩はちゃんこ鍋と動静に!?

・必要賃金 釧路は24万円 (道労連)
25歳男性が健康で文化的な生活を送るには

通勤に使うスーツ 1着19990円?
高くないか? こんないいスーツ、定年まで着れなかった(笑)



【ポチッ】 楽天ブックス 島抜け (新潮文庫) 吉村昭 473円(税込)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
読んだ講釈が幕府の逆鱗に触れ、種子島に流された大坂の講釈師瑞龍。島での余生に絶望した瑞龍は、流人仲間と脱島を決行する。丸木舟で大海を漂流すること十五日、瑞龍ら四人が流れついた先は何と中国だった。破船した漂流民と身分を偽り、四人は長崎に送り返される。苦難の果て、島抜けは見事に成功したかに思えたが…。表題中篇をはじめ、「欠けた椀」「梅の刺青」の三篇を収録。

この著者の漂流物が大好きで未読のもの。
史実を元にしてるから、リアル感がいっぱい★★★★

この講釈師、最後には捕まって処刑されるが
種子島から中国経由で長崎に戻るスケールには圧倒される。



【優待交換品】 ゼンショー3000円分の優待券返送で



牛丼の具5
親子丼の具5


いつ漂流しても大丈夫なように(笑)



にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2017.01.21 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuji27.blog36.fc2.com/tb.php/6496-f7545fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)