おはようございます。

10月9日 アメリカンドックの日
ドックが語呂合わせなので、アメリカンで薄まった日

ウインナーの周りのモコモコ感が今一つ。
好んで食べるものでもない。

アメリカンドック? アメリカンドッグ?
まあ、どうでもいい、自分の生活には支障はない(笑)

テキトーな説明を思いつく。

犬を食べる文化のある国ではアメリカンドッグ
日本のように動物保護団体のうるさい国ではアメリカンドック


信じちゃダメだよ(笑)

12.5℃ 10℃超えていると暖かい感じがする
曇り時々晴れ 最高気温18℃予報

ユーチューブで、いま巷で話題のピコ太郎を見てみた。
確かに面白い。忘年会の余興はこれ一色か?



【競輪】寛仁親王牌・世界選手権記念3日目【公開買い目】
準決勝3個レース

12R 浅井 1=7 1-59
11R 稲垣 5=3 5-2 福島コンビ 1=7
10R 深谷 9=2 9-17

主催者が勝ち上がらせたいメンバーに乗ってみる



昨日観たDVD
不屈の男 アンブロークン  劇場公開日 2016年2月6日


ローラ・ヒレンブランド著のノンフィクションを原作に、1936年のベルリンオリンピックに出場した陸上選手で、第2次世界大戦中に日本軍の捕虜になった米軍パイロット、ルイス・ザンペリーニの体験を描いた。

私の好きな事実に基づく映画。
これは主人公の人生が壮絶すぎる★3つ半

45日間の漂流やら、捕虜収容所での過酷な生活。
生きているのが不思議なくらいの人生。

しかし、捕虜収容所の所長は、本当にあんなに悪?
日本人への好感度はガタ落ちだ。

今回のレンタル5枚はそこそこの作品だった。
返却だけにして、またひと休みしよう。

★3つ半というのは、自分は楽しめたが人には好みがあるだろうといった感じ。
★4つはオススメ度が増すし、★3つは特にオススメしない普通レベル。



【ポチッ】 楽天ブックス 革新自治体 熱狂と挫折に何を学ぶか (中公新書) 岡田一郎 842円(税込)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
一九六〇~七〇年代に蜷川虎三、美濃部亮吉、黒田了一、飛鳥田一雄など個性的な首長を擁し、脚光を浴びた地方の革新自治体。だが、現在では、「巨額の財政赤字をもたらした」というレッテルのみで語られがちだ。本書は、革新自治体の台頭の背景から政治的取り組みまでを詳述し、その功罪も描く。国政とも深く関係して躍進し、そして消えていった地方の“左翼政権”は何を残したのか。現在の国政や地方自治を再考する試み。

新聞書評で興味を持ち【ポチッ】
私も革新自治体の街で育ったので。

先日読んだ浅沼委員長のノンフィクションにも触発された。
これを読むと社会党が衰退していった理由がよくわかる★3つ半



今、民進党が共産党との連携を図っている。
たとえ成功したとしても、多分どちらかが勢力を失っていくのだろう。



にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2016.10.09 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuji27.blog36.fc2.com/tb.php/6199-36286a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)