fc2ブログ
2月11日(日)

途中まで書いていたメインパソコンがフリーズ。
サブ機で、きょうの結果だけ。

きょうのギャンブル
【競馬】 投資 12,000 払戻 27,490 収支 +15,490

【競輪】 投資 22,000 払戻 10,680 収支 -11,320

【優待選択品】 2264 食料品 森永乳業(株)

image3 067

森永乳業から絹とうふ6丁が届いた。
常温で保存可能な大変便利な豆腐である。

アメリカでこの豆腐の販売網を開拓した営業マンの本を読んだことがある。
苦労の連続に頭が下がったことを覚えている。


【読み終わった本】 ふぉん・しいほるとの娘(上)(下) (新潮文庫)  吉村 昭 (著)



幕末の長崎で最新の西洋医学を教えて、神のごとく敬われたシーボルト。しかし彼は軍医として、鎖国のベールに閉ざされた日本の国情を探ることをオランダ政府から命じられていた。シーボルトは丸山遊廓の遊女・其扇を見初め、二人の間にお稲が生まれるが、その直後、日本地図の国外持ち出しなどの策謀が幕府の知るところとなり、厳しい詮議の末、シーボルトは追放されお稲は残される。日本に残されたお稲は偉大な父・シーボルトを慕って同じ医学の道を志す。女の身で医者になることなど想像すらできなかった時代に、父の門下生を各地に訪ね産科医としての実力を身につけていくが、教えをうけていた石井宗謙におかされ、女児を身ごもってしまう……。激動の時代を背景に、数奇な運命のもとに生まれた女の起伏に富んだ生涯を雄渾の筆に描く吉川英治文学賞受賞の大作。

アマゾンからのおすすめメールで購入。
これまで読んでなかったことが悔やまれるほど面白い本だった★4つ半

シーボルトと言えば西洋医学を日本に伝えた人と覚えていた。
最近、テレビの歴史番組で実はオランダのスパイで国外追放にあったことを知った。

そのシーボルトが長崎で日本人娼婦に子どもを産ませていた!
その娘が女医となり波乱万丈の人生を送る。親子三代の物語。

アマゾンは文庫本の扱いが雑なのが嫌である。
大きめの袋に裸のまま入れるので、届くまでに表紙の角が擦れてしまう。

私にとっては、「ちっちゃなこと」ではない(笑)



にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2024.02.11 Sun l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲