fc2ブログ
2月4日(日) 立春 最高気温 1.6℃ 最低気温 -6.1℃ 晴れ
春はまだ先だが、天気は良い 積雪深 27㎝→26㎝

買い物に出掛けるという家族に頼みごとをして、
自分は家でいつものヌクヌク。

きょうのギャンブル
【競輪】 投資 8,000 払戻 31,580 収支 +23,580

今年初の3万車券ゲット! 一息ついた。
静岡記念、深谷の優勝と思ったが、清水に差された・・・


【競馬】 投資 21,500 払戻 7,450 収支 -14,050

せっかく競輪がプラスになったのに、その効果が競馬には波及せず。
W重賞も的中なし。目の覚めるような当たりが欲しい。


【株主優待】 8917 不動産業 ファースト住建(株)

image3 055

権利確定月 10月末日・4月末日

①クオ・カード500円 ②おじゃこのやわ煮(小豆島発 海辺近くの食工房)
継続保有1年以上
100株以上 ①
300株以上 ②

ファースト住建から「小豆島のおじゃこのやわ煮」300gが届いた。

美味しそうだが、一袋で届くのは微妙・・・ 開けて食べきれるかな?
せめて100g×3袋ならお裾分けもできるのだけど・・・


きょうの買い物 ワオンカード 300円

image0 2024713

きょうからさっぽろ雪まつり開幕。雪ミクの記念WAONが発売に。
イオン系で発売ということで、買い物に行く家族に頼みゲット。

持っててどうする?何も考えていない(笑)

【読み終わった本】 夜が明ける 西 加奈子

image1 820

内容紹介(「BOOK」データベースより)
思春期から33歳になるまでの男同士の友情と成長、そして変わりゆく日々を生きる奇跡。まだ光は見えない。それでも僕たちは、夜明けを求めて歩き出す。現代日本に確実に存在する貧困、虐待、過重労働ー。「当事者でもない自分が、書いていいのか、作品にしていいのか」という葛藤を抱えながら、社会の一員として、作家のエゴとして、全力で書き尽くした渾身の作品。

紀伊国屋書店で無造作にカゴに入れた本。
西 加奈子さんは好きな作家で表紙の絵もインパクトがあったので。

貧困、虐待、過重労働と日本社会が抱えている重いテーマが、
これでもかというほど繰り返し出てくる。

心が痛くなる小説だが、登場する若者たちがどうなっていくのか知りたくて、
次々ページを捲ってしまった★★★★

息苦しい登場人物が多い中で、高校の同級生の女の子が一服の清涼剤?
同じような境遇でありながら淡々と生きていた。


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2024.02.04 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲