fc2ブログ
5月27日(土) 最高気温 19.2℃ 最低気温 11.7℃ 快晴
明日、札幌に出掛けるのだが、着る物に悩む気温 半袖ではまだ寒い

大相撲14日目、横綱・照ノ富士が関脇・霧馬山を降し優勝を決めた。
群雄割拠の場所だったが、横綱の重責を見事に果たした。立派!

きょうのギャンブル

【競輪】 投資 14,000  払戻 26,000 収支 +12,000

2日制の全プロ1日目。たまたま上手くいった。
明日は打たないで勝ち逃げすうるつもり(笑)

【競馬】 投資 10,500 払戻 4,510 収支 -5,990

マイ競馬は相変わらず低空飛行が続いている。
明日の日本ダービー、個人的には有馬記念と並ぶ二大ビッグレース。当てたい。


盛岡で見かけたヌートバー

image2 (63)


【株主優待】 2224 食料品 (株)コモ

image2 (61)

権利確定月 3月末日

100株以上 3,000円相当の自社製品
1,000株以上 3,000円相当の自社製品(偶数月6回/年)

コモから6種22個のパンが届いた。

ここのパンは賞味期限が長いのが売り。
6月下旬から7月上旬までなので食べきるのに問題なし。

【優待選択品】 サッポロビールから缶ビール12缶が届いた

image1 (93)

3種の飲み比べが楽しみ。

【読み終わった本】 散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 (新潮文庫) 梯 久美子

image1 (81)

内容紹介(「BOOK」データベースより)
水涸れ弾尽き、地獄と化した本土防衛の最前線・硫黄島。司令官栗林忠道は5日で落ちるという米軍の予想を大幅に覆し、36日間持ちこたえた。双方2万人以上の死傷者を出した凄惨な戦場だった。玉砕を禁じ、自らも名誉の自決を選ばず、部下達と敵陣に突撃して果てた彼の姿を、妻や子に宛てて書いた切々たる41通の手紙を通して描く感涙の記録。大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

梯さんのノンフィクションの中では、これが一番という話を聞いた。
ならば、早速読んでみた。高評価の作品であることは紛れなく★4つ半

曖昧にしか知らなかった硫黄島の戦い。
その日本軍の総大将である栗林忠道の人間味あふれる生き様。

これはこれで素晴らしいが、戦争中の日本が狂っていたことも事実。
平和を享受できる世代であることに改めて感謝である。


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2023.05.27 Sat l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲