fc2ブログ
2月25日(土) 最高気温 2.3℃ 最低気温 -2.2℃ くもり時々晴れ

晩酌時に見たTVのスポーツニュースは2局連続のトップが
・佐々木朗希 初陣先発で160キロ超連発!

あのフォームがいいね!!私もいつの間にかファンになっていた。
ダイナミックに投げ込む姿、WBCだけでなくペナントレースでも応援したい。

きょうのギャンブル
【競馬】 投資 5,000 払戻 3,870 収支 -1,130

重賞のない土曜日だったので、資金を減らさない程度に中毒参戦。
明日の2重賞に全力投球したい。

【競輪】 投資 23,500 払戻 30,160 収支 +6,660

1Rで根田ソラシ1着で万車券ゲット!
きょうは、どれだけ儲けるかと皮算用していたのに尻つぼみ。

明日の決勝も悩ましいな・・・古性や守澤のアタマが狙い目なのかな?
新田の番手を回るであろう成田の応援したいが、並びがまだ分からない。


【優待選択品】萩原工業からクオカード1,000円が届いた

image1 (29)

100株 継続保有 3年未満:1,000円相当   3年以上:2,000円相当

3年以上保有して倍になる日を楽しみに待とう。

【読み終わった本】 隠居すごろく (角川文庫) 西條 奈加

image1 (26)

内容紹介(「BOOK」データベースより)
巣鴨で六代続く糸問屋の嶋屋。主人の徳兵衛は、三十三年間の仕事一筋の生活に終止符を打ち、還暦を機に隠居することにした。人生がすごろくならこれは上がりだ。だが、孫の千代太が住処にきて静かな生活は一変。犬や猫を拾っては連れてくる孫に「そのやさしさを人のために使ってみてはどうだ」と諭した徳兵衛は、千代太の仲間に囲まれ、賑やかな日々を送ることになる。第二の人生の上がりはいったいどこに?心揺さぶる時代小説

同郷の作家さんと言うことで、直木賞受賞以来何冊か読んできた。
そのなかでも、これは飛び切り面白い作品だった★★★★

隠居生活に入った主人公が、孫に頼まれていろいろな難事に立ち向かっていく。
渋々始めた孫の手助けだったが、孫の優しさに自分の良心も目覚めていく。

ドタバタがあったり、ほっこりしたり、十分楽しめる時代小説だった。


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2023.02.25 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲