FC2ブログ
景気回復期待を背景とした米国株高を好感して電機・精密株を中心に買われ、日経平均株価は前日比178円44銭高の1万0238円65銭と反発した。
東証1部の66%が値上がりし、25%が値下がりした。

日経平均  10238.65  +178.44

マイ株  +133,342


朝、NYが1万ドルを回復したことを知り、今日のマイナスはないと思いました。
でも日本株はまだまだ本物ではなさそうです。



工場直売 珍味3点セット 525円

10151

昨日、卵を買いにいったついでに、もう少し足を延ばし珍味工場の直売店まで。
以前は、鮭トバの切り落としなどが大きな袋に入って売られていたこともありました。

最近は一般的な商品に。
写真は昨日購入した3点セットです。

時々100円ショップで珍味を買うことがあるのですが、量の少ないこと。
これはたっぷり入っててこの値段、やっぱり安いでしょう。

でも本当は一袋500円とか1000円のとかで食べてみたいのもあったのですが、量が多くて残すこと必至ですから断念しました。
「タコのトビ」なんか食べてみたかったな・・・。



boox 「パイロットフィッシュ」 角川文庫 著者: 大崎善生 (税込 500 円)

10121

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない―。午前二時、アダルト雑誌の編集部に勤める山崎のもとにかかってきた一本の電話。受話器の向こうから聞こえてきたのは、十九年ぶりに聞く由希子の声だった…。記憶の湖の底から浮かび上がる彼女との日々、世話になったバーのマスターやかつての上司だった編集長の沢井、同僚らの印象的な姿、言葉。現在と過去を交錯させながら、出会いと別れのせつなさと、人間が生み出す感情の永遠を、透明感あふれる文体で繊細に綴った、至高のロングセラー青春小説。吉川英治文学新人賞受賞作。



「文庫ソムリエが薦める元気の出る角川文庫」という、うたい文句に惹かれ購入してみました。
著者の 大崎善生の「聖の青春」に感動したことがあり、それも理由のひとつです。

「泣きたい時に読む本」とのコピーもありました。
途中まで読んでいるのですが、まだ泣けません。(笑)



久しぶりに平塚ナイター競輪に参戦。

競輪 -3,000

当たらなきゃ何にも面白くない。
泣きたい時に読む本の続きでも読んで早く泣こう。



明日はいよいよ週末。
最近は平日が長~く、長~く感じられます。



にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2009.10.15 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲